入会案内

私たちは奥多摩から登山活動を始め、創立以来60年以上にわたり全国へそして海外へとその足跡を拡げてきた山岳会です。今でも多くの山行を奥多摩で実践すると同時に、雪 や氷、岩や森林限界を求めて北ア、南ア、八ヶ岳、上越などへも出かけています。私たちの登山はハイキング、沢登りを中心に、縦走、 岩登り、雪山、山スキーと会員それぞれが好みの登山を実践し,バラエティーに富んだものとなっています。安全な登山のため、新入会員には一般の山行と共に教室山行に参加していただき、登山の基本知識、技術を習得してもらいますので、初心者の方でも安心して入会していただけます。永く共に山を続けられる方ならどなたでも歓迎します。

入会希望のみなさまへ

入会を希望される方は、担当までメールにてご連絡いただくか、集会に直接お越しください。20歳~40歳の方であれば性別、経験不問です。初心者 歓迎です。メールにてご連絡いただく場合は、年齢、性別等、簡単なプロフィールを添えてください。

【入会資格】20歳~40歳までの男女(経験不問)
【問い合わせ先】 omc_jinji@yahoo.co.jp  担当:人事係(安藤、真鍋、成田)
【集会(山話会)】 原則として、毎月最終水曜日19:30~
立川子ども未来センター(立川市)にて実施中(日時・場所は変更になる場合もあります。お問い合わせください)

準会員制度

入会してしばらくの間は、準会員として会活動に参加していただく事になります。
準会員期間中は、さまざまな山行に参加して、基本技術、知識、経験を積んでいただきます。会で定める基準を満たし、リーダーとして活動できると判断されれば、委員会の承認を経て正会員に昇格となります。準会員期間中はリーダーとして計画を出すことはできません。

個人山行と例会山行

山行は、山話会で承認された例会と、個人で行く個人山行とがあります。例会として山に行くにはあらかじめ山話会で承認される必要があります(2泊以上は委員会の承認が必要)。個人山行(友達等と行く場合も含む)は承認を得る必要はありません。例会山行、個人山行いずれの場合も、原則として入山3日前までに計画書を遭難対策委員に提出し、下山後は下山報告を行います。

入会後、当面の活動について

年間を通じて新人育成のための講習会、教室山行、合宿等があります。入会後はこれらの山行に優先的に参加して、知識・技術を習得することとなります。(スケジュールは、年度によって異なります。山行によっては、これらの教室山行に参加していることが前提となる場合もあります。)

【講習会・教室山行例】
4月 オリエンテーション
5月  五月合宿、新人歓迎山行、春の岩登り教室
6月 沢登り教室
7月 尾根のレスキュー、夏山トレーニング
8月 夏山合宿
10月 読図教室
11月 秋の岩登り教室
12月 冬山トレーニング、年末年始、冬山合宿
1月 雪崩講習会

共同装備と貸出しについて

例会山行では会で所有している共同装備(テント、コッフェルなど)を使用することができます。また、入会してすぐに高額な冬山装備を揃えるのは無理という方には例会山行での使用が前提ですが、雪崩ビーコンや山スキーを貸出すことができます。

遭難対策

不測の事態に備えるため、所属会員全員が日本山岳救助機構合同会社(jRO)が運営する山岳救助会員制度に加入することが義務付けられています。また、 会員は山に行く時はすべて届け出ることになっており、下山時に遭難対策委員に下山報告をします。万一の場合は、必要に応じて対策本部がおかれ、救助活動に入ることとなります。

    (例)

  1. 例会山行の場合:下山報告なし>対策本部設置>捜索隊が出動
  2. 個人山行の場合:下山報告なし>家族の捜索要請>対策本部設置>捜索隊の出動

入会時に必要なもの

  • 奥多摩山岳会入会申込書、アンケート(これらは集会「山話会」にてお渡しいたしま す。)
  • 日本山岳救助機構会員制度(jRO)に加入いただきます。
    (注:各自で入会手続きを行っていただきます。すでに個人で入会済みの方は会員番号をお知らせください)
  • 入会金:2,000円、装備費:3,000円、会費3ヶ月分:3,000 円、写真 (3×4cm)

質問など

会活動に参加していく上で不明な点、質問等がありましたら人 事係まで遠慮なくご相談下さい。山に行きたいという気持ちさえあれば、会員は全力でサポートします。